うすげ

女性でも育毛剤を使う人は増えてる?

もともと薄毛や脱毛などに悩むのは多くは男性でしたが、ここ数年で女性にも育毛剤を使用する方は増えました。
テレビや雑誌、新聞などでも女性用の育毛剤の広告を目にする機会は多くなったように思います。
これまでの女性の髪の毛に対する悩みといえば、もっぱら高齢による白髪や髪の毛のボリュームダウンでしたが、今では、男性と同じように若い年齢から
薄毛を気にされている方がたくさんいらっしゃるようなのです。
その原因は、女性が社会進出したことによる生活様式の変化でホルモンバランスに影響が出ている結果です。

しかし、働いている女性だけが薄毛の悩みを抱えているとは一概には言い切れません。
生活様式の変化は、実は様々なところに現れているからです。
たとえば、女性が男性と同じようにアルコールやたばこを摂取するようになったこと、また、ご主人さまの帰りが遅くなったり、テレビやインターネット、
Eメールなどを夜遅くまで楽しむようになったりして睡眠時間が削られていること、生活の場でも昔に比べてストレスが増えたことなど、
ホルモンバランスを乱す要因は身の周りに意外とたくさんあるのです。

ですから、たとえ深刻な状況には至っていなくても、
「以前に比べて薄くなってきたかしら」と感じている女性も想像以上にたくさんいらっしゃるのでしょう。
それが証拠に、昨今では実に様々な女性用の育毛剤が店頭やネット通販などで販売されており、実際に多くの方に購入されているといいます。
たとえ、深刻な症状ではなくとも、生え際などを心配されている“予備軍”は少なくはありません。
それだけ、日本の現代女性たちの多くが薄毛で悩んでおり、育毛剤の使用率も高くなってきているということなのです。

クリニックなどの医療機関でも育毛や発毛の施術がさかんに行われており、薄毛で悩んでいる女性たちが訪れていると聞きます。
そればかりか、ストレス社会の進行により、こうした育毛へのニーズは今後も増加する傾向にあるといわれているのです。
もはや、女性が育毛剤を使うことは、奇異なことでも、もちろん恥ずかしいことでもありません。
むしろ、男性よりも見た目や美しさを気に掛ける女性のことですから、もっと普通に試される時代になっていくと考えられます。

Menu