うすげ

女性用育毛剤は男性用育毛剤と違うの?

女性が社会進出したことにより、薄毛で悩むひとも増えたようです。
最前線でバリバリ働く女性にもそうした傾向が見られることから、「女性が男性化」したからだと指摘する声もありますよね。
それじゃあ女性も、男性と同じような育毛法を受ければよいかというと、そういうわけでもないのです。

まず、薄毛になる原因が、女性と男性ではまったく異なります。
男性の場合は、もともと遺伝子の中に男性ホルモンを強く働かせることで、脱毛を引き起こす作用があります。
これが男性の薄毛・脱毛の原因のほとんどを占めるんですね。
ですから男性の育毛剤などには、男性ホルモンを抑える「フィナステリド」という成分が配合されていることが多いのです。

ところが、この「フィナステリド」を女性が服用してしまうと、逆に大変なことになることが分かってきました。
たとえば、妊婦などが服用してしまった場合は、生まれてくる赤ちゃんに奇形などの悪い影響を与えかねませんし、副作用を起こす怖れも指摘されています。

それでは、女性の薄毛の原因になるのは何か…?
それは、社会に進出したことでストレスを抱える人が増えたり、不規則な生活を送るようになったりと、ヘアサイクルの乱れで頭皮の健康が失われたことに起因するのです。
ですから、女性用としてよく利用されるのは、頭皮の健康を促すような育毛剤です。
頭皮に必要な栄養や潤いを与えて、髪が育つ土台を豊かな状態に保つのですね。
男性が、発毛を阻害する成分を取り除いていく方法なら、女性の場合は、足りなかったものを補ってあげることで育毛を促進させるというやり方なのです。
こうとらえるだけで、男性と女性の育毛法がまったく逆の考え方にあることが明らかです。

また、女性はヘアカラーやパーマなどによる髪のダメージも薄毛の原因として上げられることがありますよね。
疲れた髪や頭皮に潤いを与えることも女性の育毛法の一つ。
原因が多岐に渡っているのも女性特有の症状ですから、その状態を自分なりにじっくり分析して育毛剤を選ぶ必要があるんです。

Menu