うすげ

女性ホルモンが配合された女性用育毛剤

年を取れば、取るほど、女性ホルモンは減少していきます。
現代社会に暮らす毎日の中で受ける様々なストレスや不摂生が、それをさらに加速していきます。
女性ホルモンが枯渇していくごとに、毛髪にも影響が出るわけですから、薄毛に悩むようになった現代女性にとっては、この女性ホルモンの不足が
何より重要な問題となってくるのは当然のことです。

女性ホルモンが配合された女性用育毛剤が、世にたくさん見られるようになった背景には、こうした事情がありました。
毎日の生活の中ですり減っていく女性ホルモンと同様の成分を、育毛剤で補ってあげようというわけなんですね。

さて、育毛剤で使用されている成分で注目されているのは、エストロゲンです。
女性の卵巣で産出される成分で「卵胞ホルモン」と呼ばれており、これが女性ホルモンと同じ分子構造と作用を持っているというのです。
このエストロゲン、実は、年齢によって分泌が衰えてゆくことで更年期症状の原因になるともいわれている成分で、女性の身体には欠かせないもの。
髪の毛の成長を促進させるよう働きかけ、豊かで健康な毛髪を生み出すコラーゲン生成にも関わるなど、育毛にも密接な役割を果たしているともいわれているのです。
こうした働きが注目され、昨今では、多くの育毛剤に配合されています。

有名なのは、この成分を含むフルーツのザクロの果汁を配合した育毛剤。
多くの女性に愛用されており、薄毛に悩む方々にとってはちょっとした話題になっているんですね。
しかし、たんに不足した女性ホルモンを補えばいいというわけではありません。
もともとの不摂生な生活や食事の改善、さらにストレスを上手に解消して暮らすことなど、髪の毛の健康が損なわれた根っこの問題にもきちんと取り組んでいくことが何より大切です。
せっかく女性ホルモンを補ったとしても、不摂生をすれば無駄になってしまいます。

さらに忘れてはならないのは、外から摂取するよりも、身体の中で産み出される女性ホルモンのほうが毛髪には遥かに特効薬なのだということ。
体内で作られる栄養ほど、身体に効くものはありません。
育毛剤はあくまでも髪の健康をサポートするアイテム。
過剰に摂取せず、適切な使用が重要ですね。

Menu